柱状地盤改良工事(湿式)

セメント系固化材(粉体)を水と混ぜてスラリー状にし、地盤に低圧ポンプにより注入を行い、攪拌翼によって改良対象土と混合攪拌することにより化学的に固化してソイルセメントコラムを成柱する深層地盤改良工法です。

工法の利点
現場状況に合わせて施工が可能、無振動・低騒音、各種計測装置による施工管理が可能
早期に大きな強度が得られます。軟弱地盤の改良に適しており、住宅を主に一般構造物等の沈下を防止することができます。

セメント系固化材と水を混ぜてセメントミルクを作ります、次に予定の深さまで掘削します。

ロッドの先からセメントミルクを注入します。セメントミルクと土のムラがなくなるまで行います。

杭の先端を基礎のベースまたは栗石の高さに調整します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0250-62-1317

受付時間:8:30~17:00(日曜・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0250-62-1317

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表 田中 実

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。