スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査方法です。

1954年頃、建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。1976年にはJIS規格に制定され、現在ではJISA1221(2002)として主に木造住宅を建築する場合はこの方法が用いられ、戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されるようになっています。

地盤改良新潟では、経験豊富な調査スタッフとG-webシステム(第三者電子認証)を導入し、すべての調査データが自動記録されます。改ざんや入力ミスの余地を与えず、正確な測定を実施しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0250-62-1317

受付時間:8:30~17:00(日曜・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0250-62-1317

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表 田中 実

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。